健診 代行

あまり知られていない健診代行のメリットデメリット

健診代行は社員が行なう健診を外部の専門業者のサービスにより代行するもので、様々なメリットがあります。最大のメリットは企業の人事担当者の健診業務の負担が軽減されることです。会社で健診の情報を一括管理でき、予約の電話や支払いなども代行してもらえるため社員の多い大企業にとっては特にメリットが大きいサービスです。社員それぞれにより健診を受ける医療機関は違いますが、それぞれの医療機関への予約の電話一つとってみても、担当者はかなりの労力を要します。さらに各医療機関への支払いも時間のかかる仕事です。メリットばかりある健診代行サービスの様に思えますが、メリットのあるサービスには少なからずデメリットもあります。でも健診代行サービスはバランス的にはかなりメリットの大きいサービスと言えるでしょう。

社員にもメリットの大きい健診代行サービス

メリットがあるのは企業側の人事担当者ばかりではありません。健診代行サービスは社員自身にも良いサービスです。健診は受診者自身の気持ち次第で受診しないままになる可能性があります。健診を受けないで自分自身の健康状態を把握していないと、生活習慣の見直しができず、不健康な生活へと傾いていきます。そして社員の家族も同様な生活を送りやすくなり、社員に対する健康に対しての教育が行き届かず、結果的には深刻な病気へと進行する可能性は否定できません。そうなることを防ぐためには、受診勧告の抜かりがほぼない健診代行サービスを利用すると受診率の向上が見込まれ、安心です。社員の受診率が高ければ高いほど比例して、健康に対する社内教育が向上します。社員本人だけでなく、社員の家族も健康に対しての意識が高まります。

健診に対しての情報を一元化できるメリットデメリット

健診代行サービスは、検査結果のフォーマットを一元化でき、どの医療機関で健診を受けても同じ用紙で出力して社員へ提示することができます。社内で同じ用紙を使用すると、データが読み取りやすく、また、前年度の健診結果と比較しやすく医療従事者でなくても自分の健康管理がしやすくなります。例えば生活習慣病と一般的に呼ばれる病気になると数値が高くなる検査で前年度より高くなっていると、和食中心の食事に変えてみたり、エレベーターより階段を利用するなど運動にも関心が高くなります。このようなメリットばかりではなく、デメリットも起こり得ます。個人情報を他の業者で扱うため、個人情報の漏えいの可能性はゼロではありません。しかも企業全体の社員の情報があるため、もし漏えいした場合には大量の個人情報が外部に知られる可能性は否定できません。

健診結果データ、就労データ、面談記録、メンタルヘルスデータも管理できるクラウド型健康管理システムです。 『産業保健プロフェッショナルカンファレンス』開催。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 健康相談、産業医・専門医紹介も承ります。 年間60万人以上の健康管理をサポートする実績を持ちます。 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 健診の代行をご検討ならウェルネス・コミュニケーションズへ