健診 代行

かしこい健診代行の利用方法とルール

健診代行サービスを利用すると、企業の健診事務担当者の仕事が四分の一程度に減少し、その分本来の仕事に集中でき効率的です。健診代行サービスは医療機関へ健診の予約の電話をかけることも代行してもらえます。さらに未受診者のフォローや支払いもまとめて行ってもらえるため、時間がかかることが省略できて、大幅な時間短縮になります。従業員の未受診者への健診の勧奨や予約の電話は煩雑になり、気を遣う仕事です。外部の健診代行サービスに委託することで、業務を滞りなく行なうことができます。事務的な手続きを省略できるだけでなく、産業医や保健師など健診に関わる医療職の人だけがわかる健診結果から二次健診の案内のサポートまでできて、産業医や保健師の作業を減少することができます。事務職だけでなく、医療職の業務も大幅な減少が期待できます。

健診代行サービス業者の比較が重要

健診代行業者のサービスは各業者により違いがあります。どの業者も同様に健診代行をしてもらえるのですが、業者により扱う従業員の数でピッタリとマッチするサービスが違い、何社か比較しないまま一社だけにすぐ依頼した場合、企業の規模に対してのサービスが過剰すぎ、またはサービス不足と感じることがあります。それぞれの企業に対してサービスをカスタマイズする業者もあり、なるべく企業に合ったサービスが受けられる業者を選ぶべきです。健診を行う際には個人情報を取り扱うため、健診データのセキュリティがしっかりした業者を選ぶことも重要です。従業員のほとんどが女性なのに、男性の医療従事者が多い医療機関ばかりにつながりがある業者は従業員には受け入れられないかもしれません。健診代行サービスを契約する前にはよく比較検討することが大切です。

健診前から健診後まで同じ健診代行サービス業者で行う

健診代行サービス業者で健診の予約などを行っていて、途中から別の業者に変更すると、事務担当者だけでなく、健診を受ける従業員にも混乱をきたします。よっぽどの理由がない限り、健診前から健診後のアフターフォローまで同じ業者で行うべきです。それが健診代行サービスを利用する際の最低限のルールです。どうしても業者の変更が必要な場合は、次年度から変更するようにしましょう。同じ業者で続けることのメリットは、毎年の健診結果を同じ形式で見ることができ、従業員個人ごとに結果が読み取りやすいため、二次健診の必要性や生活習慣病の改善などが理解しやすいためです。健診代行サービス業者が変更された場合、健診結果の形式が変わってしまい、数値で示されていない結果は比較しにくくなります。途中で変更することのないよう、健診代行サービス業者の事前の比較検討が重要になります。