たくさんの職種の工場求人があります

ホーム / たくさんの職種の工場求人があります

工場求人の職種としては、組立て、検査、仕分け、ピッキング、マシンオペレーション、加工、溶接などがあります。このほかにもさまざまな職種がありますが、求人を見るときに職種についての理解があると、仕事内容を想像しやすいでしょう。しかし、知らない職種であっても、求人に応募した後で、実際に工場見学ができますので、それほど不安になることもありません。最初の2週間は試用期間になりますし、自分に合わないと思ったら辞めることもできます。逆に、自分に合わないと思っているのに続けていると、病気や怪我などのトラブルにつながるので、正直に不安要素については申告をしたほうがよいです。事情によっては仕事内容を変えてもらえることもあります。工場の仕事は、経験者が優遇される傾向があるものの、未経験でも歓迎されやすいです。

工場の仕事で多いライン作業とは?

工場の仕事では、ライン作業という言葉をよく聞くと思います。その名の通り、ベルトコンベアにのって流れてくる製品を加工したり組み付けしたりする仕事です。ライン作業というのを、1つの職種として考えることもあるようです。
ライン作業は、よく大変であると言われていますが、ケースバイケースです。ベルトコンベアのスピードは調整できるので、ゆっくり流れているときにはそれほど大変とは感じないでしょう。ベルトコンベアのスピードが速くなると、かなり大変になります。1人でも遅れが出てしまうと、ライン全体が遅れてしまうので、責任が重大な仕事でもあります。また、基本的には1つの工程は1人あたりが余裕を持ってこなせる程度になっていますが、場合によってはあまり余裕がないレベルで作業を行わなければならないこともあります。

工場求人に応募したら、見学をしよう

工場求人に応募したら、いきなり仕事になることもありますが、工場見学ができる場合もあります。工場見学では、しっかりと職場を見て、自分にできるかどうかを考えましょう。一度仕事についてしまうと、急に辞めると会社に迷惑がかかります。2週間くらいが経過して、ようやく仕事を覚えてきたというタイミングで辞められてしまうと、会社としてはなんのためにコストと時間をかけて新人に仕事を教えたのか、わからなくなります。最初の2週間は試用期間ですが、なるべく工場見学をして、あるいは初日一日だけ働いてみて、その後も続けられるかどうかを考えてみましょう。アルバイトであっても、基本的には契約期間は働かなければなりません。一度仕事に就いたら、責任をもって契約期間をやりとげる気持ちを持ちましょう。