健診 代行

健診代行を利用する上手なコツや使い方

労働者を雇用する企業が、労働者が健康を維持・管理して業務に従事することができるようにするために、実施しなければならない健康診断は複数あります。企業の職種に関係なく実施されるものには一般の健康診断がありますが、この他に体に害が出るかもしれない物質を扱う業務を行ったり、高熱や低温といった特殊な環境の中で業務を行う労働者には、特殊健康診断を実施するようになっています。新しく雇用する労働者に対しては、健康診断を雇用時にも実施する必要があります。このように雇用環境によって健康診断を複数項目実施しなければならない企業も多く、社内ですべての健康診断の事務手続きや手配、診断結果の管理を行うには膨大な労力と時間を費やすことになります。この健診に関わる一切の業務を代行してくれるのが健診の代行サービス会社です。

各健診代行のサービスはコストを考慮して便利に利用できます

健診を代行してくれるシステムを利用すると、企業は本来の業務に事務的な労働力を集中させることができます。しかし、代行システムを利用する業務分の費用が発生するので、コスト面が心配されるかもしれません。その場合には、健診に関わる業務のうちの煩雑な部分を代行してもらうということが可能なサービスを利用することもできます。代行サービス会社によっては、オプションで付加ができるように幅広い健診に対応しているところもあれば、健診後の結果報告や健康づくりサポートを充実させている所もあるので、各代行会社のサービス内容を比較してみましょう。企業が労働安全衛生法に基づいて行った健康診断の結果は、労働者に通知するだけではなく、企業でも保管しなければならないので、健診後のデータの管理も代行サービスを利用するととても便利になります。

利用しやすい健診の代行サービス会社選びのポイント

健診代行を行うサービス会社は全国に展開している会社が多数あります。けれども、提携している健診の受け入れ可能な医療機関数はサービス会社により異なります。代行してもらえるサービスのオプションが豊富でも、提携している医療機関が企業から遠い地域にしかないサービス会社に代行を依頼すると、健診を受けに行くのが不便になります。巡回の健診車の手配をしてくれるところもありますが、サービスの該当地域になっているかの確認が必要になります。このように代行先を決めるためには様々な条件に合致しているサービス会社を探すことが重要になります。そこで、インターネットで比較検討する場合は、代行サービスを受けたい地域をキーワードに含めて検索すると、その地域のサービスに強い代行会社や、地域でよく利用されているサービス会社を見つけることができます。