健診 代行

必見健診代行の種類やサービスについて

年に1回の健診業務は事業者にとって負担の多い業務の一つです。人事労務担当者の業務は非常に煩雑なものです。健康保険組合との調整や、補助金の申請などと並行して、従業員に対しては受診日の確認や希望するコースのヒアリングを行います。それらが完了すると、健診を実施するクリニックに予約を入れます。健診終了後は結果の受け取り、報告をしなければなりません。そもそも、加入する健康保険組合によってコースが様々ですし、従業員の年齢や性別によってコースのオプションも多岐に渡るため、従業員を一まとめにして一斉に手続きするのではなく、個別のケースを検討しなければならないので非常に時間と労力がかかります。人事労務担当者がいない個人事業主の企業の場合、通常業務に加えてこれらの煩雑な業務をこなすことは非常に困難ですので、適した代行業者に依頼するのが現実的と言えます。

健診代行業者に依頼する場合、どこまで業務を任せられるのか

健診の煩雑な業務を代行業者に依頼する場合、具体的にどのような業務を任せることができるのでしょうか。結論から言うと、依頼する業者によって多少は異なりますが、ほとんどの業者がほぼ全ての業務を代行してくれることになります。事業者は従業員に案内書類を手渡すだけで良い場合がほとんどです。さらに、事業者の手間が省かれるだけではなく、受診する従業員にとっても非常に利便性の高いシステムを提供している代行業者も多く存在します。例えば、ある代行業者はインターネット上で24時間申し込みが可能なシステムを導入しているため、勤務体系に関わらず、従業員の都合の良い時間に申し込みが可能です。うっかり申し込みを忘れる、ということも防ぐことができます。また、一人ひとりの問診票がシステム上に保存されるため、過去の受診データと比較し、健康状態を緻密に把握することができ、追加検査の判断も可能になります。

健診代行業者の探し方と、代行業者利用時の費用

健診代行業者を探すには、インターネットで比較サイトを閲覧するのをお勧めします。確認すべき点は、各代行業者がどこまでのサービスを網羅しているかという点です。なぜなら、事業者がどこまでのサービスを希望するかによってかかる費用が異なるからです。多くの代行業者は、実際に健診に必要な医療費の他に、健診代行システム導入のための初期費用と、定期的な業務管理費用を必要とする場合がほとんどです。従業員数が多く、全国各地に支部がある企業の場合、提携するクリニックの数が多かったり、従業員一人ひとりへのフィードバックが丁寧であったりすることが選び方のポイントになります。しかし、事業者が従業員の健康状態をある程度把握できる規模の企業の場合、コストをかけないシンプルなプランを設定する代行業者に依頼することが可能になります。比較サイトでじっくり見比べて、その企業に合った代行業者を探しましょう。